学生時代は、講義のときには当たり前のようにノートをとっていました。社会人になってもその癖が残っていて、研修やセミナーに出たときにせっせとノートをとるという人は多いのではないでしょうか。そもそも何故ノートをとるのかというと、今ではなくて、後で覚えるためということで、とりあえず授業中はノートどりに専念して、テスト前になってから覚えるということをしていたからでしょう。中には講義ノートのコピーを売って小遣い稼ぎのためにノートをとる学生もいました。学生時代はそれでもよかったと思いますが、社会人になってから学ぶものはほとんどの場合、その後のテストがないので、覚えることを後回しにしてしまうと、永遠に頭に入れる機会を失ってしまうことになります。私も新入社員の頃は研修ノートをしっかり作っていましたが、それを見直した試しがありませんでした。これは時間のロス以外の何ものでもありません。社会に出たら時間との勝負ですので、講義はその場で覚えるという習慣をつけることが大切でしょう。湘南美容外科 カード