Month: 1月 2017

ドローで寝入るようになった子ども!寝顔が可愛らしい!

徐々に1歳になる小児。
寝くずりがひどくて、抱っこじゃないと寝ないし、抱っこしてもかなり泣いて、どうも寝なかった。心から寝かせるのは四六時中ジレンマでした。
しかし、最近になって、自分で寝ることが増えてきました。
眠そうで泣きだすと、一緒に布団の上に横になります。歌を歌ったり、お伝えたりして、ドローしていると、だんだんと演技がなくなって、とろんとしてきます。
大方5分け前もかからないうちに、寝息が聞こえてきて、眠りに入ります。
なんて簡単に寝てくれるようになったのでしょうか。あのうちが嘘みたいだ。
しかも、寝顔が超眩しいのです。まぁ、世の中の父母は自分の子が一番良いと思っていると思いますが。うちのお子さんは抜群。
なんとも親ボケですね。
いかに泣いてぐずって、こちらが僅かイライラしてしまっても、小児のスマイルや寝顔を見ると、こんなジリジリも吹っ飛んじゃある。
こういうスマイルや寝顔のために、四六時中働ける気がします。
翌日はどういう1日になるか、いつも楽しみです。脱毛ラボ 1980円

夏場のご付近野良猫観察メモリー?猫って結構チャーミングの!

あたいが只今いる家の近くには野良猫がたくさんいます。野良猫が野良猫を増やしてしまうのか、はたまた猫が入り込み易いエリアなのかは分かりませんが1日に3匹くらいは平均して見付ける事ができます。
猫たちは凡そ午前か夕暮れあたりの、昼の暑さが無い場合やってきます。
チビの黒猫は潔癖今春に生まれたばかりで、たびたび「みゃー」と鳴いては小道具をねだっていらっしゃる。あたいは小道具をやったりはしませんが、近所に住むおばあさんは一心に小道具をあげていて、午前になるとその家の人間から小道具を催促する会話が聞き取れるのがやけに可愛いだ。
他にもキジトラやシロサバ、三毛髪猫なんかもいて、皆さん好き勝手に生きていらっしゃる。
最近は蝉が多いからかいつも蝉を捕っているみたいで、時時「ミ゛ッ」という蝉の断末魔や「ミミミミミミ!」と蝉が暴れ訪ねる会話が聞こえて、それを聞くとおや、夏場ですなあと感じます。
真っ昼間は取り敢えず暑いから余分ひなたにはいなくて、家の奥の日陰になっているあたりや、近所の公園の木の片影で息吹を潜めるようにして座っていらっしゃる。そんな猫たちを見ていると今日も平穏です、という気分になっていやに楽しくなってしまう。痩せる酵素