お昼過ぎごろ、リビングで児童という遊んでいるって

「ぶーん」というノイズとともに黒いものが通り過ぎてきました。

「もしかして!?」と思いまぶたで追ってみると

どうしても大きくなかったので「なんだ、ハエか」と一安心。

パスタをゆでながら、児童の風貌を見に行くって

窓といった閉めていたレースカーテンの隙間に

さっきの「ハエ」がかかっていたのです!

「これは最近しかない!」といった急いで近くにあったうちわで

押さえつけ押しつぶしました。

相当見ると…「それ、広いな」

「ハエ」ではなく「ハチ」でした。

なるたけ早い段階で追っ払うことができたので良かったですが

これが仮に児童に刺していたら…というといった手強いですね。

赤い血液のようなものがで出来たので

「刺されてたのかな?」って焦りましたが

刺されていたらおそらく大泣きやるハズし

とことん何もないことを祈ります。

到底ハチが来るなんて思ってもいなかったので

結構あっという間をつかれたような様式でした。

これからはちゃんと危ないタイミングなので

気をつけないといけないですね。ミュゼ VIO 脱毛